DISCOGRAPHY

アコースティックアルバム11/15発売

ヨースケコースケ 冬のぶらりツアー会場にてアコースティックアルバムの販売が決定!!

『YOSUKE KOSUKE ACOUSTIC SELECITON』


☆赤盤 CD+DVD初回限定盤 YK-004 4,500yen(tax in)
☆緑盤 CDのみ通常盤 YK-003 3,000yen(tax in)
 

「セドナの軌道」MV公開!

リード曲「セドナの軌道」のミュージックビデオを公開いたしました!




 
【CD収録曲 (通常盤、初回限定盤共通)】
M1 星の音 (編曲:パゲ)
M2 SMOKE (作詞/作曲:サカノウエヨースケ 編曲:サカノウエヨースケ)
M3 セドナの軌道 (作詞/作曲:米原幸佑 編曲:サカノウエヨースケ)
M4 時計仕掛けの恋 (作詞/作曲:米原幸佑 編曲:サカノウエヨースケ)
M5 ラブボム (作詞:米原幸佑 作曲:サカノウエヨースケ 編曲:サカノウエヨースケ)
M6 絶対自分応援歌 (作詞:米原幸佑 作曲:サカノウエヨースケ 編曲:イズミカワソラ)
M7 VENUS (作詞/作曲:サカノウエヨースケ 編曲:DAKEN)
M8 爽快サマー (作詞/作曲:サカノウエヨースケ 編曲:イズミカワソラ)
M9 IT’S ALL RIGHT (作詞/作曲:サカノウエヨースケ 編曲:サカノウエヨースケ)
M10 君がいてくれてよかった (作詞:米原幸佑 作曲:サカノウエヨースケ 編曲:サカノウエヨースケ) 
 
【DVD収録曲 (初回限定盤のみ)】
「ヨースケコースケ ライブハウス&ホールツアー2017 at大阪 福島 2nd LINE 2017.8.5」
1.BRING THE BEAT
2.セドナの軌道
3.時計仕掛けの恋
4.SIGN
5.絶対自分応援歌
6.WE LOVE MUSIC
7.爽快サマー
8.ハッシャバイ
9.LoveSong
10.超イイぜっ!!
11.ワタシがいなくちゃ
12.ラブボム
13.ASIAN FUTURE



 
YKFACTORY WEB SHOP:https://ykfactory.official.ec/
「YOSUKE KOSUKE ACOUSTIC SELECTION」の発売は15日〜です(但し通販の方の初回発送は11月末になる予定です)。
※応募券付きのCDの販売(通販)は、応募券の郵送・ご応募の締切の関係上、12月5日 23時59分までにご注文(ご入金)確定分で締め切りとなりますのでご注意くださいますようよろしくお願いいたします。
(※銀行振込をご利用の方はご注意ください。)

 

 



 

【ヨースケコースケ ぶらり旅DX 2017ライブDVD 8/5(土)発売決定!】

 
2017年4月1日(土)東京・新宿MARZにて開催された全国ツアーファイナル、「ヨースケコースケpresents ぶらり旅DELUXE~ハンサムROCK NIGHT~」より11曲を3カメで収録。オフィシャルブートレグシリーズ(※)第一弾!
 
ライブ映像の他に、ヨースケコースケぶらり旅ショートツアーの札幌・大阪・東京などの楽屋やリハーサル風景などの未公開映像や、ドッキリ企画、ロケなどの素顔に迫るオフショット満載のライブ&バラエティDVDに仕上がりました!
 
8月5日よりライブ会場にて販売いたします!
ヨースケコースケ ぶらり旅DXにお越しくださった方も、ご覧いただけなかった方もぜひDVDで!

『ぶらり旅DX 2017
ハンサムROCK NIGHT LIVE & ぶらり旅オフショット』
 
<収録曲>
01. 時計仕掛けの恋
02. オールトの雲
03. BRING THE BEAT
04. ラブボム
05. Sign
06. ロケットリスタート
07. ハッシャバイ
08. オトコは孤独なのさ
09. 愛の花を咲かそう
10. 恋のルンルンバルーン
11. 全速力
おまけ:全国ぶらり旅オフショット
 
価格:5000円(税込)
発売日:2017年8月5日(土)
商品番号:YK-002
 
※オフィシャルブートレグシリーズは、ライブ映像作品用のサウンドミックスを施していない記録映像シリーズです。映像・音声ともに記録用に収録したもので、通常のライブビデオクオリティーのものではないことをご了承の程よろしくお願い申し上げます。




  

 



 

 

【ぶらり旅会場限定CD】

『ころの唄.ep』




 


1. ころの唄
2. 愛の花を咲かそう(Y!mobile沖縄2017ソング)
3. 時計仕掛けの恋
4. ブルーバード(Acoustic mix)
5. ころの唄(Instrumental)
6. 愛の花を咲かそう(Instrumental)
7. 時計仕掛けの恋(Instrumental)
YKF001 2,000yen(tax in)






 

【ライブ会場限定音源販売決定!!】

ヨースケコースケ、待望の新作発売決定!!
タイトルは『ラブボム/君がいてくれてよかった』!
新曲2曲に加え、8月19日のアメリカ村DROPでのライブ音源も収録!!
10月22日の渋谷クラブクアトロ公演よりライブ会場限定で販売します!

 
『ラブボム/君がいてくれてよかった』 YK-001

1. ラブボム
2. 君がいてくれてよかった
3. SIGN (Live at CLUB DROP – 2016.08.19)
4. ロケットリスタート (Live at CLUB DROP – 2016.08.19)

 
4曲入りライブ会場限定盤で¥1,500です!

 
ラブボム MV





 

 

7月6日 2枚同時シングルリリース!!

Y!mobile沖縄 2016 CMソングとして大好評を得たのを受け、『スーパーオリジナル』からリカット、新たにピアノアレンジをして合唱バージョン・弾き語りバージョンとして生まれ変わったシングル『全速力』。
そして、真夏の空の下でビール片手に歌いたくなる、ヨースケコースケ初の夏シングル『爽快サマー』。
今回はなんと、2枚同時リリース!!

 

●3rd Maxi Single『全速力』


1. 全速力〜ピアノ合唱Ver. (feat. 小禄高等学校合唱部)
2. 全速力〜ピアノ弾き語りVer. (feat. ちびっ子合唱団)
3. 男心オーライ
4. 全速力 (カラオケ)
¥926 (税抜)+税 (VSCD-3153)
 
 
「全速力」MV





 

  

●4th Maxi Single『爽快サマー』

読売テレビ『キューン!』7月度エンディングテーマに決定 !
放送は7月中の金~日曜日の深夜になります。
※放送は都合により変更・中止になる可能性がございます。
http://www.ytv.co.jp/cune/

1. 爽快サマー
2. 絶対自分応援歌
3. 花唄
4. 爽快サマー (カラオケ)
 
 
「爽快サマー」MV

5. 絶対自分応援歌 (カラオケ)
6. 花唄 (カラオケ)
¥1,500 (税抜)+税 (VSCD-3154)

  

  

【特典情報】

7月6日同時発売となるCD2枚とDVD(通常版) を同時購入で『YOSUKE KOSUKE SPECIAL CD BOX』(CD6枚収納BOX)を先着1000名様にプレゼント!!
ヨースケコースケのすべてのCDが収納できるボックスです!
※ 対象店はタワーレコード全店と vivid sound WEB 内で購入された方となります。
CljD6deVEAAxzEm



 

 



 

 

7月6日発売 ! ヨースケコースケ DVD「Yosuke Kosuke Birth Festival 2016」

ダイジェストMOVIE

ダイジェストMOVIE2



 

●Yosuke Kosuke Birth Festival 2016 -Special Limited Edition-

VSDV3159/60 (2枚組) 5,370yen(+消費税)
ライブ・イベント会場、VIVID SOUND HP限定▶▶コチラ

1. スーパーオリジナルファンタジー
2. トキメイてカラフル
3. セドナの軌道
4. 声
5. LoveSong
6. ワタシがいなくちゃ
7. 君の笑顔が見たいから
8. 全速力
9. ブルーバード
10. VENUS
11. パラドックス
12. 超イイぜっ!!
13. BRING THE BEAT
14. オールトの雲
15. 流星コードワーク
16. ロケットリスタート
 
-Bonus Disc-
1. ライブMC集
2. ゲリラライブ in 沖縄 2016.04.23 (ノーカット版)
3. 沖縄スライドショー



  

 

●Yosuke Kosuke Birth Festival 2016 (通常盤)

VSDV3158 (1枚組) 4,300yen(+消費税)

1. スーパーオリジナルファンタジー
2. トキメイてカラフル
3. セドナの軌道
4. 声
5. LoveSong
6. ワタシがいなくちゃ
7. 君の笑顔が見たいから
8. 全速力
9. ブルーバード
10. VENUS
11. パラドックス
12. 超イイぜっ!!
13. BRING THE BEAT
14. オールトの雲
15. 流星コードワーク
16. ロケットリスタート
 
特典映像
全速力 (ゲリラライブ in 沖縄 2016.04.23)

 

 



 

   

2nd Album『スーパーオリジナル』2016年3月16日 発売 !

2nd Album
スーパーオリジナル
2016年3月16日 発売
待望の2nd Album完成 !
シングル「超イイぜっ ! ! 」や、コースケ主演・ヨースケ音楽担当の映画「キリングカリキュラム〜人狼処刑ゲーム序章〜」主題歌の「SIGN」はもちろんのこと、キラキラのヨースケコースケナンバーから、かなりセクシーでスリリングな曲まで、まるで遊園地のような全13曲収録!!

  
Doticon_blk_Right.png限定オフショット写真1枚封入(3カットの中からランダム封入)
定価 : ¥2,500+消費税

 
[収録楽曲]
01. スーパーオリジナルファンタジー
02. トキメいてカラフル
03. 超イイぜっ!!
04. 声
05. SIGN (映画キリングカリキュラム~人狼処刑ゲーム序章 主題歌)
06. VENUS
07. パラドックス
08. ブルーバード
09. 恋のルンルンバルーン? (Y!mobile沖縄 2015 CMソング)
10. LoveSong
11. オールトの雲
12. 全速力 (Y!mobile沖縄 2016 CMソング)
13. ロケットリスタート (Acoustic Mix)

全国のCDショップにてご予約受付中!!
(インストアイベント開催店などもご確認下さい)

cd_tower cd_hmv cd_amazon

 


 

ヨースケコースケによる楽曲解説

M1.スーパーオリジナルファンタジー
■ヨースケ
ヨースケコースケなりのファンタジーソング。俳優とミュージシャンならではの音楽の中で、2人で掛け合うファンタジー。
Overtureのようなこのアルバムの導入部分。
■コースケ
「完全にヨースケコースケのおふざけ!」って思われる位が丁度いい振り切り方で2ndアルバムを始めます。でもそれだけこの一年で、「音楽で楽しもう。」って思ったってことですかね。
 


M2.トキメイてカラフル
■ヨースケ
服部隆之先生のようなカラフルなオーケストレーションから始まる1曲が欲しくて、コースケからあがってきた歌詞を見て、まさにカラフルな1曲に仕上げました。
■コースケ
タイトル思いついて、歌詞書いて、メロを当てて。最近は先ずタイトルがあって、っていう順番が多いですね。セドナもそうだしオールトの雲もそうだしetc…10 代の初恋、学生時代を思い出して作った曲です。虫歯になるくらいとろけちゃって。
 


M3.超イイぜっ!!
■ヨースケ
元旦発売のヨースケコースケ最新シングル。某レコードショップやオリコンなどでも軒並みチャートインしたこの楽曲はThat’s 70’sディスコナンバー。ウルフルズの「ガッツだぜ!!」やモーニング娘。の「LOVEマシーン」のような、一聴して思わず踊らずにはいられないダンスナンバーとして、歌詞も「日本列島、みんなでダンス♪」と歌われることからもわかるように、日本全国の皆様に届けたいお祭りナンバー。
■コースケ
ヨースケコースケの新しいアプローチ。キャッチーさと華やかさ。まだ出会ってない方々に会うべく切ったカード。
 


M4.声
■ヨースケ
ピアノイントロから始まるロックナンバー。アコースティックデュオにとどまらない幅広い曲が欲しくて、supercellの「君の知らない物語」のようなLIVEでもCDでも世界観が広がるようなナンバーに仕上げました。
■コースケ
主演でやった「七夕ジャンクション」という舞台を観に来てくれたヨースケにぃさんが、僕のキーや歌い方を色々考えて作ってくれた曲で、キーもテンポも僕に非常に合っていて歌いやすかった。1番いい声が出てると思います。
 


M5.SIGN
■ヨースケ
102トラック、フルストリングス編成でトラックメイキングをした壮大なバラード。映画『キリング・カリキュラム~人狼処刑ゲーム序章』の主演にコースケ、主題歌がこの「SIGN」、劇伴がヨースケ担当という、この映画とヨースケコースケが切っても切り離せない関係の中で、映画を象徴する1曲にするべく2015年4月~7月にかけて試行錯誤の末、産まれたバラード
■コースケ
“曲単体のパワー”っていうのを考えると、このSIGNがヨースケコースケの曲の中で1番爆発力とパワーを備えた曲になっているんじゃないかな。歌詞も映画キリングカリキュラム、自分が演じる新名を想い、新しいアプローチで歌詞を書いたら「こんなフレーズも書けるんだ」と自分でビックリした記憶があります。
 


M6.VENUS
■ ヨースケ
「超イイぜっ!!」がシングルに決まるギリギリまで、シングル候補として残っていたダンスナンバー。Sam Smith、Justin Bieber、国内ではGoogleのCMに使われているbanvoxなど、声をサンプリングしてリフにする手法が流行しつつある昨今。アフリカのある民族のお祭りで子供が歌う声をサンプリングして、この曲のリフにしました。曲のアレンジはジャニーズのような華やかで、きらびやかなブレイクビーツでトラックを組んでいます。コースケが元々ジャニーズだったこともあり、ステージで踊ってもらいたい1曲。
■コースケ
アルバム発売前からLIVEで披露しているうちに、イントロがかかるだけでお客さんが歓声をくれる。セクシーかつ、力のある曲です。
 


M7.パラドックス
■ヨースケ
Mr. Childrenの「フェイク」のような、少しウィットに富んだ、影のある歌詞を書こうということでコースケがあげてきた歌詞に、Stereophonicsの「Maybe Tomorrow」のようなひたすらコーラスがループする、中毒ソング。サビのギターリフはオーストラリアのバンド、New Navyのような16分のディレイギターを混ぜて、よりドープでディープなナンバーに仕上げました。前作『IT’S MY WORLD』の「ワタシがいなくちゃ」の続編にあたるナンバー。
■コースケ
表側がホントの貴方ですか?
僕の中にも様々感情があって、状況に応じでその引き出しを開けて、その状況の米原幸佑になる。人に言えないような気持ちや、きっと人の道から外れてるような思考。人間を形成する形は一つじゃないでしょ。
 


M8.ブルーバード
■ヨースケ
ヨースケコースケ流EDMナンバー。「二羽の鳥が…羽ばたく様…」無論、この歌詞の主人公はヨースケコースケ。2人がこれからお客さんを連れ、見せる大きな景色を目指し、強く羽ばたこうとする決意ともとれるダンスナンバー。1サビあけのRap部分はTrap Stepというジャンルのビートに挑戦した意欲作。
■コースケ
大空に羽ばたく2羽の鳥がイントロからパッと浮かんでくる曲で、苦手なラップにも挑戦しております 笑
 


M9.恋のルンルンバルーン♡
■ヨースケ
ヨースケコースケ初のタイアップソング。「Y!mobile 沖縄」でのオンエアも好評の中、ヨースケコースケのLIVEでは1番盛り上がるキラーナンバーとなっています。2月からのY!mobileのCMで、去年に続き2期連続での再オンエアも決定!!
恋のルンルンバルーン♡ヨースケコースケ踊ってみた動画も合わせてチェック!!
■コースケ
言わずもがな。ヨースケコースケ青春ソング。踊りあり、レスポンスあり、指名あり!? LIVEでの後半マストナンバー!
 


M10.LoveSong
■ヨースケ
僕らがライフワークにしているアコースティックライブツアー「ぶらり旅ライブ」の京都から大阪へ移動する車内で、コースケが歌詞をあげてきました。この曲を育てて、いつか野音のステージ、アリーナのステージに立った時、このイントロから2人が花道を走り、駆け抜ける姿を想像しながら書き上げたファンへ送るラブソング。
■コースケ
「I Love youは嘘をつく」
このフレーズが浮かんだとき「出来た!」ってなりました笑 忍び寄る安い量産型の「愛してる」に大切な人が傷つかないように、この歌をつくりました。
 


M11.オールトの雲
■ヨースケ
ヨースケコースケ流ロックナンバー。シングル『オールトの雲.ep』の表題曲。このシングルに収録された「SIGN」が映画の主題歌に決まり、壮大なバラードに仕上げたので、対照的なLIVE映えするロックなナンバーに仕上げました。前作『IT’S MY WORLD』に収録された「セドナの軌道」に続く、天体・宇宙・星雲ナンバー。
■コースケ
ヨースケコースケの記念すべき1stシングル。この歌は「僕たち人間が元々あのはるか彼方に輝くヒカリだったら」って発想で書き溜めてた歌詞にメロディを付けてもらいました。
 


M12.全速力
■ヨースケ
2016年春のY!mobile沖縄のCMソング。冷めない青春、春からはじまる新生活、新しくスタートを切るフレッシュマン全てに届けたい青春ナンバー。Y!mobile沖縄イメージガール、崎原カリサさんがアカペラで歌うCMも好評の中、ヨースケコースケ流にセルフカバーしたアルバム一押しナンバー。
■コースケ
シンプルかつ今までのヨースケコースケになかったテイストの曲。このアルバムをラストに向けて盛り上げてくれています。「青春」の二文字がぴったりな曲。
 


M13.ロケットリスタート (Acoustic Mix)
■ヨースケ
「僕らの目指す頂は小さい夢、積み重ねたいびつなスーパーオリジナル」 このフレーズが、今回のアルバムのテーマとなっています。 コースケの夢はヨースケの夢、ヨースケの夢はコースケの夢、ヨースケコースケの夢はみんなの夢。
日比谷野外音楽堂のステージに立つというコースケの夢。チャートの1位のてっぺんにヨースケコースケの冠をのせること。
それがヨースケの夢。この歌で歌われるヨースケコースケの夢をみんなで叶えるべく、あえてギター1本で原点から高い頂を目指していくという意味でも、このアルバムのロケットリスタートはヨースケコースケが、今一番伝えたいメッセージ。
■コースケ
シンプルにアコギ一本で。届いてくれたらいいな。。

 


 

2nd Maxi Single『超イイぜっ!!』2016年1月1日 元旦リリース!

jacket_choiize_l

2nd Maxi Single
超イイぜっ!!
2016年1月1日 元旦リリース!!
”日本列島みんなでダンス”ヨースケコースケが贈る超あっぱれお祭りソング!!

Doticon_blk_Right.png全6種おみくじトレカ付(ランダム封入)
[超大吉・大吉・中吉・小吉・吉・凶]
CD店頭予約特典あり
¥1,500(税抜価格)+税
VSCD-3151
※2015年12月28日に商品が入荷します。

【収録楽曲】
1. 超イイぜっ!!
2. 君の笑顔が見たいから
3. ロケットリスタート
4. 超イイぜっ!! (カラオケ)
5. 君の笑顔が見たいから (カラオケ)
6. ロケットリスタート (カラオケ)

NEW SINGLE 『超イイぜっ!!』(エディット版)

全国のCDショップにてご予約受付中!!

cd_tower cd_hmv cd_amazon

 


1st Maxi Single『オールトの雲.ep』2015年10月7日 発売 !

jacket_oluto_l

 

1st Maxi Single
オールトの雲.ep
2015年10月7日 発売
ヨースケコースケによるダブルタイアップシングルついに発売!!! 色男な疾走感溢れるROCKナンバー『オールトの雲』、王道の切ない究極のラブソング『SIGN』、恋×1億2000万人=胸キュンソング『恋のルンルンバルーン♡』
とびっきり最強シングル必聴!!

Doticon_blk_Right.png限定オフショット写真1枚封入(6カットの中からランダム封入)
定価 : ¥1,500+消費税
品番 : VSCD-3150
POS : 4540399031507

 

[収録楽曲]
1. オールトの雲
2. SIGN (映画 『キリングカリキュラム人狼処刑ゲーム 序章』 主題歌)
3. 恋のルンルンバルーン♡ (Y!mobile 沖縄 2015年 CMソング)
4. オールトの雲 (カラオケ)
5. SIGN (カラオケ)
6. 恋のルンルンバルーン♡ (カラオケ)

cd_tower cd_hmv cd_amazon

 


 

2015年大注目のユニット”ヨースケコースケ”
ぶら〜り気まぐれ旅のような全10曲。このアルバムを持って旅に出よう!!

1st Album IT’S MY WORLD” 2015年1月28日(金)発売!

jaket_itsmy_l1st Album
IT’S MY WORLD”
2015年1月28日(金)発売!
定価 : ¥2,500+消費税
品番 : DFA-005
POS : 4571324880426

Doticon_blk_Right.png初回生産限定特典:ヨースケコースケポストカード
※一部ネットショップで、特典が付かない場合があります。購入店でご確認下さい。
Doticon_blk_Right.pngインストアイベント特典:ヨースケコースケポスター
※インストアイベント開催店、イベント券配布対象店にてご購入のお客様にイベント参加券をお渡しします。
特典ポスターはイベント開催時にお渡しします。(ミニライブ後のサイン会時にお渡し)
イベント開催店舗、イベント券配布対象店はこちら
cd_tower cd_hmv cd_amazon

IT’S MY WORLD

01.show time
作詞・作曲・編曲:ヨースケ

[ヨースケ] 2014年3月渋谷の喫茶店、机の上のメモには「ヨースケ コースケぶらり旅ツアー」と書かれている。これは、二人が「夢を明確にする為のリスト」いわば「夢を実現する為に書き出したリスト」と言っていい。こうし て書き記す事で「夢を実現」する旅がはじまったように思う。コースケはパズルで言うなら【ピースを運ぶ人】で僕は【それを型にハメル人】そのピースは自由 だし型も形も自由だ。と同時に自分が選んだ道を形にしていく旅でもあって、それも最高の「パートナー」と一緒に旅をする。そんな旅を心のどこかで待ち望ん でいたし、最高の旅にならないわけがない。このSHOWTIMEはそんな旅の始まりを告げるファンファーレのようなものだ。コースケの言葉を借りるけれど 「是非、旅のお供にしていただきたい」

 

[コースケ] スイッチを押した瞬間、現実から一気にアルバム「IT’S MY WORLD」の世界観に引き込んでくれるオープニングテーマ。歌詞やメロこそないけれど、この始まり方はヨースケコースケを象徴していると思います。初め て聴いたときトキメキすぎて僕は「最高っすわ、にいさん!」を連呼してました (笑)


02.IT’S MY WORLD
作詞・作曲:コースケ 編曲:ヨースケ

[ヨースケ] 最初の仮タイトルは「HEY HEY HEY」とPCのファイルには記されている。そしてコースケは「僕の世界」という仮タイトルで歌詞とメロディを持って来た。メロがシンプルであればあるほ どコースケはハニカムように笑いながら歌う癖があってその「照れ」ながら歌うコースケの表情がとても好きだ(笑)と同時に「本当に伝えたい事」はいつもそ の「照れ」の裏側にあって、素面ではなかなか言えない「欲」や「本音」が照れ笑いしながら歌う彼の内側にちゃんとある。その歌詞を受けて「ビッグバンド」 なピースでハッピーな曲調にしたのは、その内側の本音を「シリアス」にしすぎない事でちゃんと「照れ」の部分も曲にできるんじゃないかと思ったからだ。 だってシリアスに「やりがいなんかじゃー飯は喰えねー」と叫ばれるより、少しハニカミながら「でもさ、スイッチ一つで変わるじゃん、いや変えようぜ」つっ て言われる方が響くと思うしね。他の誰でも無い目の前のあなたに向けてだったらね。

 

[コースケ] ユニットを組む前に敢行したヨースケ・コースケ1stぶら り旅ツアーで互いのソロ曲をカヴァする企画があって、サカノウエさんが僕の「オレンジ」という、秋の夕暮れに土手を散歩するカップルの、当たり前の日常に ある幸せを唄った曲をカヴァした時に「パレード調のアレンジが合いそう!」とアレンジイメージが出来上がったあと「せっかくなら新曲を!」ってお互いの想 いと「パレードアレンジイメージならもっとレスポンス出来るような曲で!」と打ち合わせた数時間後に歌詞を書いて、その勢いでメロもつくりました。まさか アルバムタイトルになるような曲になるとは思ってなくて (笑)しかもメロやアレンジのPEACEさと裏腹にサビ歌詞はかなりROCKになっております。ソングライターとしては一番言いたいことが詰めた曲だと思 います。


03.BRING THE BEAT
作詞:ヨースケコースケ 作曲:コースケ 編曲:ヨースケ

[ヨースケ] 僕らのスタート曲であり、リード曲。コースケが歌詞と共にこの曲を上げて来たと同時に、この曲は完成したんだよね。そのやりとりはほんの10分程度だった と思う。今、思うとこんな早く差し出された「ピース」が「型」にハマるのはなかなか無いし、これがヨースケコースケの真骨頂なのかもとも思う。そして、そ れにはちゃんと理由がある。「愛されたいと叫ぶより 嫉妬で気狂いする前に、、、」このフレーズを聞いた時。「そうだよ、これは僕自身の抱えてる想いと一 緒じゃねーかっ」と異様に興奮したし男の子の内側にある「嫉妬」って言葉にするのも億劫なぐらい一筋縄じゃなくて↑男の子ってほら、いつも自分の事ばっか じゃん(笑)だからこそ、「嫉妬」って躊躇したい男の「ワード」を惜しげも無く歌詞にできるコースケのセンスに「ピン」と来て、そこからものの10分で曲 のたたき台が完成しました。この曲のトラックが完成した午前5時、スピーカーの前で小躍りしながらTwitterで「起きてよー」と妙にこの喜びを共感し たかったのを思い出します。

 

[コースケ] 自分のソロLIVE用にドラム叩きながら歌う曲を作ろうと 考えてて「BEAT!!」ってタイトルでワンコーラスだけ作ってたんですよ。その段階ではまだコードもつけてなくて、メロと歌詞とイメージだけあったんで すが、形にせず放置してて。1stぶらり旅ツアーの打ち合わせの時に「せっかくなら一曲、ぶらりのテーマソングつくるか」って話になった時に放置してたこ の曲のことを思い出して!(笑)聴いてもらったその場でサカノウエさんがコードをとって、その勢いでサカノウエさんが二番の歌詞を書くっていう (笑)ヨースケコースケ制作スタイルの基礎がこの曲で完成したんですよ。


04.セドナの軌道
作詞・作曲:コースケ 編曲:ヨースケ

[ヨースケ] 一番、アルバムの最後に出来た曲。この頃、アルバムの曲のラインナップもだいぶ出揃っていたしあれこれ、曲順を並べながらああでもないこうでもないってや りとりをしていたのですが、もう一曲、パンチの効いたガツンとした曲が欲しくて、アップテンポのナンバーを作ってくるようにコースケに注文しました。コー スケはこの頃、よく宇宙や星座や神話の話をしてて「見た事も無い遠い空に想いを馳せる」曲にしたかったかもしれませんね。僕もその頃、たまたま livetune×BUMP OF CHICKENさんの「RAY」っていうコラボ曲を聞いていたりして、僕はlivetuneさんから入って「RAY」に辿り着いて「いい曲なんだよ」って コースケに紹介したら、コースケはBUMPから入って「RAY」を聞いて「いい曲なんですよ」って、時を同じくして、偶然、この「セドナの軌道」の製作 中、同じ曲に感銘を受けていたっていう。笑 そういう偶然も手伝ってこの曲は説得力のある力強い曲になったと思います。ライブでは思い切り僕はフリーハン ドで「RAP」してやろうって思ってます。へへ。(笑)

 

[コースケ] 僕が担当した曲では一番最後に作った曲です。ほぼほぼ曲のラインナップが出揃ったあとだったので、サカノウエさんにどんな曲が欲しいか相談して、アルバム のバランス的にはアップテンポだね。って話だけ擦り合わせ作りました。天体の番組見てた時に素敵だなって思ったワードがあって、それが「セドナの軌道」。 理由はよくわからないけど、なんか「セドナの軌道」ってタイトルで曲作りたい!って思い、極寒の11月。舞台の稽古の帰り道。錦糸町駅近くの喫煙場で、錦 糸町のイルミネーション見ながら、歌詞を書き出すっていう (笑)なんか変な場所で歌詞書くのがどうやら僕は好きみたいです。


05.ワタシがいなくちゃ
作詞:コースケ 作曲:ヨースケ 編曲:ヨースケ

[ヨースケ] この曲の歌詞が好きで好きで(笑)こういう歌詞をかけるコースケをリスペクトするし、才能がすごくあると思う。実はコースケはもの書きとしての作家活動も してたりするし、もしかしたら俳優というフィールドから彼は音楽のフィールドで台本を書き、僕はそれを演じるように曲を形にしているんじゃないかと思う。 僕は演じた経験は無いけれど、少なくとも「歌詞」を受けて僕はそれを自由に「解釈」して曲にしていくわけで、この曲がBPM90のグルーヴィーなミドルダ ンスナンバーにしたのは、僕はこの「歌詞」を「小粋」に演じたかったのかもしれません。カッコいい役者や俳優さんを見ると、仕草やタバコの持ち方まで真似 したがるような感覚というか、僕なりのダンディズム感を炸裂させてます。にも関わらず、はじめてライブで披露したとき、「大事な歌詞」を物の見事に「噛み まくり、間違えまくる」という失態を犯してしまったことをここに謝罪しておきます。(ぺこり)

 

[コースケ] ヨースケコースケとは関係なく歌詞だけ完成していて「いつか曲をつけよう」と思ってまた放置して (笑)これは夏、スーパーの帰り道に「ぶわっ!」って歌詞を書きたい衝動にかられて、袋ぶら下げたまま道の端っこで一気に書き上げました。衝動とか湧き上 がる気持ちには正直でいたいと思うし、タイミングを逃すともう二度と出てこない発想とか、フレーズってあって、同じタイトルで曲を書いても、今日と明日 じゃ、もう全然違う作品になるんですよ。体調とか気分とか空気とか匂いとかで精神状態は変化していて。そう言った集中力と衝動に従った結果、こんな女々し い歌が出来ました。アルバム制作過程で「この歌詞で曲を作りたい」って話したらサカノウエさんは快くOKしてくれて。お互いを尊重しながらも、提案や意見 を言い合えるユニット感、空気感が心地よく、曲もしっかり歌詞が入ってくるメロとテンポで。サカノウエさんに頼むと「なんとかする!」って言いつつ「当た り前の一個先」をいつも見せてくれるので、変な言い方ですが「味方でよかった」みたいな (笑)戦国時代で敵陣にサカノウエさんいたら絶対やっかいやなぁ。って (笑)サカノウエヨースケと言うアーティストの底の深さを改めて感じた曲でもあります。


06.バイシテル
作詞・作曲・編曲:ヨースケ

[ヨースケ] 世田谷ものづくり学校でのライブレコーディングも記憶に新しいこの曲。ゆずmeets COLDPLAYなアコーステッィックからはじまり最後は大合唱で締めるっていうほんと、予算がかけられるステージまで辿り着いたら、ティンパニーをドン ドン鳴らしながら色んな国の国旗をはためかせて世界中の子供達と「We are the wolrd」のような壮大な合唱曲にしてみたいという想いがあったりします。「この唇こそがI LOVE YOU」だからね。(笑)「焦がしちゃうくらうキスがしたい」って愛の極点であり、黒点ですよ。(笑)照りつける陽射しすら一粒残らず、君の為の味方にし て想いを届けるという純粋なラブソングです。この曲の録音時に、コースケのハモりの声。自信が無かったのか、「ものっそ、小さっ」っていうぐらい小さかっ たですね。声は男らしい声なんですけどね(笑)その対比もとても面白かったです。この曲の録音時もコースケは舞台、僕は別案件のレコーディングで真夜中に 集合してレコーディングしてました。そういう苦労の結晶も詰まっていたりします。ライブでは、最後のWOW WOWを一緒にハンズアップしながら歌って欲しいです。

 

[コースケ] サカノウエさん節全開のラブソングですよね。元がアコギ2本のツアーから始まってるから、アコースティック色の強い楽曲も入れなきゃね。と話している時に サカノウエさんから提案があった曲です。とにかくAメロの言葉数の多さに「ブレスのタイミングむずっ!」って四苦八苦した思い出があります(笑)オープニ ングとエンディングの声は世田谷物作り学校LIVEのときに公開録音したもの。会場が一体になれるし、みんなの笑顔が今でもすごく印象的。


07.SPIDER
作詞・作曲:コースケ 編曲:PAGE

[ヨースケ] コースケソロ曲ですね。時の流れってそこにとどまることを知らないんですよね。常に流れていく。そういう彼が経て来た時の流れを感じる1曲になっているん じゃないでしょうか?以前、プロデューサーに、「恩は石に刻め、過去は水に流せ」と教えられた事があります。彼が時に追われるのではなく追うようにいきて 来た証のように切々と歌い上げるこの曲の世界観はとても響くものがありますね。歌が引き立つように、音数は敢えてギターだけにしてオルガンや、ビートな ど、コースケのイメージに合う楽器は無いかと実際、プリプロセッションのような形で、いろんな楽器の音色に合わせて弾いてみた結果。このギターのみという シンプルな形に落ち着きました。ただ、音楽的にもこの曲はとても難解で、和音の構成とかメロディの譜割とかも独特で、とても面白いです。こういう曲も作れ るのだなぁと感心しながらライブでも聞かせてもらっています。こうしてアルバムに残す事でこの曲がどこまで進化して成長していくかも楽しみですね。

 

[コースケ] ぶらり旅DXで初披露した曲。これは女性に対して「美しい」と表現したいな、と思ったのがきっかけ。歳を重ねてきて、だんだん言葉の表現として一皮剥けて もいいのかな?と自分でも思っていたし、そのときに女性を蜘蛛。僕はその女性の糸に引っかかり溺れていく惨めな男。って言うただの好きだ嫌いだ。じゃない 歌にしたかったんですよ。だから歌詞も少し性を匂わせるというか、大人に雰囲気にして、その流れでメロも少し難解にしてみました。作り終わったあと、難し くてちょっと後悔しましたが (笑)


08.男は孤独なのさ
作詞:ヨースケコースケ 作曲:コースケ 編曲:ヨースケ

[ヨースケ] 「いつだって男なんて孤独だって」と歌い始めから男節全開 なわけです(笑)「ワタシがいなくちゃ」の相対する位置にあるこの曲。「ワタシが」がある種、女性目線の「孤独」を歌にしているのなら、「男の孤独」から 歌い始める曲があってもいいじゃないというシンプルな発想です。笑 身体がムキムキのガテン系よろしくのお兄さんが「男とは」という難題を歌うのは似合う ような気もするんですが、どこか線の細い二人が、「男の孤独」を歌うって言う。。。エレファントカシマシ先輩なんかもよく「男の悲哀や孤独」を歌にされて いますが僕らの場合は、その心情をストリートに置き換えて作ってみました。人の行き交う交差点や路地に腰をおろして、目まぐるしく進む世界の中で取り残さ れたように歌う「男の人生」もし、ストリートに立ちこの曲を歌うならどんな風に人に届くのだろう?そんな事をイメージしながら。さながら、気持ちはケル アック文学よろしくな、キンズバーグや60年代のニューヨークを代表する、ボブデュランといった面持ちで、僕らなりのオンザロードを歌にしています。

 

[コースケ] レコーディングのあと帰る準備をしていたら、サカノウエさんから紙切れ一枚渡されて「男は孤独さ。から始まる曲を書いてくれ!」と殴り書きの歌詞を渡され まして (笑)「了解しました!」と帰宅してじっくり読んだら半分くらい何書いてるかわからなくて、だから解読出来る部分は使って解らないところは僕が付け足すっ て言う斬新な作り方をした曲です (笑)位置付けとしては「ワタシがいなくちゃ」の対になる曲ですね。最初僕のメロ構想では演歌みたいねっとり唄い上げる曲にしようとしてたんですが、あま りにも‘らしく’なり過ぎるなと作ったメロを一回捨てて、雑踏の中で2人が路上LIVEしてるイメージに変更しました。


09.靴屋のじっちゃん
作詞・作曲・編曲:ヨースケ

[ヨースケ] サカノウエのソロ曲ですね。僕は前作に「ニュータウン」という「一番目の夢は夢のままにして二番目の夢を追いかけるため故郷に戻る主人公」の歌を書いたの ですが、僕はそれを【ストーリーソング】と呼んでいて、どこか絵本のような紙芝居のように物語が進行していく歌。その第二弾という位置づけです。この歌の もとになる出来事は実際にあった話で、東京は広尾という街であった実際のリアルストーリーだったりします。ちょうど、僕はその頃EMIと契約が決まって さぁ、動き出そうかというタイミングで、じっちゃんはそれをすごく喜んでくれていました。その靴屋さんは今はもう形を変えてあの頃の面影がない靴屋さんに なってしまったのですが、ショーウインドウに飾られてあった木靴を今でもたまに思い出します。僕は人生の中で要所、要所、不思議な出会いがあってはじめて 上京してきた朝、東京駅で出会った見知らぬ老人に突然「君はその道をあきらめちゃいけない」「自分の顔を持ちなさい」と話しかけられたり、靴屋のじっちゃ んとの出逢いだったり、自分の描くストーリーソングはどこか、そういう不思議な出会いがもとになって書く事が多いです。

 

[コースケ] アルバム制作も終盤にサカノウエさんが2人で唄う曲として作ってくれたんですが「一曲づつソロ曲は入れよう」って話してたのと、世界観が1人の青年の思い 出、ストーリーがハッキリしてたからボーカルは割らずに一人で統一した方が伝わる曲をだと思って「じっちゃんはサカノウエさんソロがいいんじゃないですか ね?」と提案し、僕は別でソロを考え「SPIDER」に。互いのソロ曲の雰囲気が全く違うし、2人組の面白さでもあるなと。また実話ってのもこの曲の響き 方に影響してると思います。


10.流星コードワーク
作詞・作曲・編曲:ヨースケ

[ヨースケ] これは、自宅でコースケとセッションしながら出来た曲ですね。YOUTUBEでお互いの好きな曲をかけながら、実際にコースケが鼻歌なんかを歌っている横 で、メロディを探り、歌詞をあてて、実際その場で曲にしたシリーズ第二弾ですね。一弾目は「BRING」なので。もうこれは、ライブナンバーにするべく BPMも200越え。ヘッドバンキングよろしくなロックナンバーです。ライブで演奏していて、ほんと楽しいしきっと僕らをサポートしてくれているバンド、 スパスパも演奏していて楽しいんじゃないかなぁ。こういう曲を野外の大きなステージで鳴らすのが次の僕らの夢でもあるのでそれを実現するべく頑張りたいで すね。やっぱり1枚アルバムを出して、そこから2枚目、3枚目と続けていくには、みんなの声も大事だし、そうやって、どんどんまわりものっかって一つの渦 見たいに世界が回っていく事が大事で、その為には僕らも成長して変わり続けていかなきゃだし、高いラインに目標を持って、みんなに喜んでもらえる作品作り をしていきたいし、このユニットが末永く愛される様なユニットに成長していけるよう、応援よろしくお願いします。

 

[コースケ] 原宿アストロホールで行われたぶらり旅DXで初披露されて首デストロイな、爽やかアッパーRock。ぶらり旅を終えて、ヨースケコースケのまず目指す先は 野音ですね。と話していて、じゃあ野外にピッタリな曲を作ろう!ってとこから始まりました。昔からサカノウエさんの楽曲を聞いて育ったから、サカノウエさ ん書き下ろしの曲を初めて頂いた!って感動したのを覚えています。サカノウエさんのRock調の曲好きな僕としてはテンション最高潮。ヨースケコースケで は勿論アコースティックベースだけど、あまりジャンルに囚われず、個々から出てきたメロディと歌詞を大事に、流星みたいな曲調もどんどん取り入れていきた いですね。